製品紹介

 磁性シートの効果

 

HF帯RFIDタグ用磁性シートは、通信に利用する13.56MHzにおいて、複素比透磁率実数部μ’を大きく、損失となる複素比透磁率虚数部μ’’を小さく設計した材料です。13.56MHzにおいては損失が小さくて電波吸収体とは異なりますが、高周波数帯域(例えば数百MHz以上)では電波吸収体としても利用可能です。
ロングレンジR/Wを用いて、自由空間で約35cmの通信距離が得られているカードサイズ(76×45mm)のタグを、金属に直接貼付すると通信不可となりますが、金属とタグの間に磁性シートを挿入すると、約12cm以上まで通信可能となります
 
(透磁率特性のチャート)